ジェットスターのウェブ予約では、この3点をおさえよう!

 

 

ジェットスター予約

 

 

もはや日本にも定着してきたLCC 。路線拡大を続けるジェットスターは、そのLCCの中でも代表的な存在の一つと言えるでしょう。

その予約システムはウェブを中心にして、徹底的な合理化を図っています。でもそのウェブシステム固有の「くせ」とでも言うべき、気をつけて使わなくてはならないポイントがいくつかあります。

今回は、それを3つにまとめてお伝えします。

 

 

【その前にーLCCの予約システムの基本】

 

その前に、一度LCCを利用して格安航空券を購入する場合の、LCCのシステム上注意が必要なポイントか書いて見たいと思います。

 

 

 

1.格安でフライトを予約する最大の秘訣は、予定がきちんと決まっていること。

 

スターだけではなく、基本的にはどのLCCも、基本ルールは「残席に応じて値段が変わる」「変更やオプションは別料金」「キャンセルしても返金なし」など、ほぼ共通しています。

 

従来のレガシーキャリアですと、航空チケット代金の中には「変更やキャンセルなどの様々なリスクに対する備え」と「手荷物や機内飲み物などの基本的なサービス」の代金が含まれているのですが、

LCCはそれを思い切ってカットしてお安くしています(もちろん、それだけではないのですが。)。

 

 

従って、

 

・事前にスケジュールがはっきりと分かっていて、変更する可能性はない。万が一キャンセルしても自己責任で返金なしでもかまわない。

 

・預け荷物や食事は別料金でかまわない、あるいは利用しない。

 

 

ということを意識している場合には、LCCの利用はとても有効といえるでしょう。

 

例えば、スケジュールに余裕のある個人旅行、コンサートやイベントに時間的余裕を持って見に行く、時間の融通が効きやすい家族の行き来、などにはLCCの利用はとても適しているといえるでしょう。

 

 

一方、スケジュール自体に束縛の多い出張、団体旅行、冠婚葬祭への参加などで利用する場合には、注意が必要でしょう。

 

また復路で大きなお土産がかさばってしまい、手荷物代金でたくさんの別料金が取られて結局高くなった、という場合もありますので、持っていく荷物、持って帰ってくる荷物においても事前に把握をしておきましょう。できましたら機内持込可能手荷物(ジェットスターですと7kg、サイズ制限あり)のみに収めると理想的ですね。

 

 

 

2 . いつのフライトが安くなりやすいか

 

残席に応じてフライトの価格が変わりますので、平日や旅行の閑散期であれば、驚くほど安い価格で予約をすることが可能です。逆に、週末やハイシーズンは、レガシーキャリア並みに高くなることもあります。また、朝一便や最終便も高くなりやすいです。

 

例えば、金曜日の最終便で帰省し、日曜日の最終便で戻ってこようという場合、出発を一便早くし、戻りを月曜日のお昼くらいの便に変更できると、かなりお安くなる場合が多いのです。

 

 

3.いつ予約すると安くなるか

 

これも残席に応じて料金が変わるという性質上、できるだけ早めの予約が好ましいのですが、あまり早すぎるとセール価格が設定前ということもありますので、2〜3か月前が目処でしょう。

 

 

さあ、それではジェットスターのウェブ予約についての、具体的な注意です。

 

 

【ジェットスターをウェブ予約する時に気をつけたい、3つのポイント!!!】 

 

 

ジェットスター予約

ジェットスター予約

 

 

その1:決済をするまで、そのフライトは予約されていません!

 

 

ジェットスターの価格は「残席に応じて」決定しますが、その「残席」というのは、決済をした時点、あるいは決済方法を決めた時点での残席なのです。

 

とりあえずフライトを選択してあちこち検索している段階でも、その座席は仮押さえされているだろう、という考えは、ジェットスターには当てはまらないのでご注意ください。

その段階では、表示しているフライトはキープされてはいないのです。クレジットカード情報を入力して決済した時点、あるいはLOPPIなど支払方法を確定し、取り扱い番号などが発行された時点で、初めて予約が確保されるのです。

 

 

その作業中に、表示されている価格で買える残席がなくなってしまったら?その場合は、例えばクレジットカードで決済を試みようとした時に、エラー表示がされる場合が多いのです。決済の段階では、表示された条件のチケットはなかったという事になりますから。最初からやり直しです。したがって人気のセールでは、非常にエラーが出やすくなります。

 

 

というわけで、是非セールを取りたい!という方は、狙ったフライトを決め、脇目をせず、一直線にフライト検索から決済までダッシュしましょう。

 

手荷物は後から付加すると高額になりますので、それだけ最初からどうするか決めておくと良いでしょう。空港からの交通手段予約などは、割引はそう大きくはないのでしなくても良いでしょうし、座席も選択して、

もしそこが同時にアクセスしているライバルたちに僅かでも先に取られると、エラーになってしまう可能性が高いので、「ジェットスターのセール予約時には座席指定はあきらめる(予約時に指定すると有料になりますし)」と思っておいた方が良いでしょう。

 

 

その2:ログインをした場合のアクセスに注意です!

 

ジェットスター予約

ジェットスター予約

 

 

予約を比較検討しようとして、マイジェットスターにログインして、複数のウィンドウを立ち上げて複数の情報を同時に検索しても、同一アカウントからのアクセスでは、

その中の一番直近の更新情報が有効になり、直前のアクセス情報が流れてしまう場合が多いようです。複数のフライト情報を開いたままの情報検索は、正常にできないと思った方が良いです。

 

 

例えばウィンドウAで朝1便を検索し、ウィンドウBで2便を検索していたとします。

ところが、ウィンドウAの情報を先に見て、開いたままにしてウィンドウBを確認し、やはり朝1便だなと思ってウィンドウA経由から朝1便を決済したつもりでいても、ウィンドウBからの情報の方が新しいアクセス情報であるため、2便で予約されてしまうことがあります。

 

 

これはミスというよりは仕様ですので、ジェットスターの予約時には、できるだけフライトの複数比較は避けた方が良いでしょう。セールなどではない余裕のある時には、希望のフライトを変更する場合は、一度ログアウトして、最初からやり直した方が良いです。戻るボタンは押さないようにしましょう。

 

 

また複数の端末でアクセスしても、同じアカウントにログインをしているとこの現象が起こる可能性が高いので、注意が必要です。

 

 

また過去のアクセスした時のキャッシュもかなり強く残るので、必ずログアウトとログイン、できたらキャッシュもクリアしてから予約に入りましょう。

 

 

 

その3:予約成立の確認はクレジットカードサイト確認、メール、再ログインで!

 

もし、クレジットカードを決済直後に回線混雑が起こった場合(特にセールの場合は頻繁に起こります)、予約(決済)は成立しても回線切断のため、予約されていないように見える場合もあります。

 

一番確実な方法は、利用するクレジットカードのマイページなどを開いて、利用可能額を確認してから、ジェットスターでクレジットカード決済をし、すぐにクレジットカードサイトの情報をリフレッシュして、決済されたことを確認する方法です。

そして、必ずジェットスターからメールで受信した旅程表(24時間以内と言いますが、大抵の場合は数分で届きます)を確認し、さらに少し時間をおいてから再びマイジェットスターにログインをして、予約が正常にできているか確認をお勧めします。二重三重のチェックをしましょう。

 

 

ジェットスター予約

ジェットスター予約

 

以上、ジェットスターをウェブ予約する時に、注意したいポイント3点をまとめました。以上のようなポイントに注意をすると、本当に格安で航空券をゲットできる可能性が強いので、ぜひ上手に付き合って、快適な旅のパートナーとして使って下さいね。

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================



何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!


 

メールでのお問合せはこちら:


 


 

お電話でのお問合せはこちら:

国内線ご予約は ↓

h_img01



.


国際線ご予約は ↓

JTB正規取扱店


.

LCC(格安航空券)、

JAL(日本航空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット

.