JAL(日本航空)の運行状況

 

 

大手航空会社として知られているJAL(日本航空)は、日本でも人気がある航空会社となっています。

 

 

近年は安さを売りにしたLCCが人気ですが、粘り強い経営で日本の空の旅を支えているのがJALです。

しかし、そんなJALも運行状況の乱れ、遅延・欠航はあります!今回はそれぞれの運行情報の確認方法を紹介します!

 

 

■JALの遅延・欠航はよくある?

 

 

JAL(日本航空)の運行状況

 

 

最初に言っておきますが、「JALだから大丈夫」ということは言えません。

天候が悪かったり、飛行機や機材の状態が悪かったりすると、遅延欠航は普通にあります。

 

 

ただ、多くの人は希望的観測も含めて「きっと飛ぶだろう」と思っているからこそ、

いざ遅延・欠航になった時に冷や汗が止まらなくなる訳です!

 

 

気付いたらパソコンやスマホで「JAL 遅延」「JAL 欠航」などと調べていることでしょう。

 

 

また、人によっては運行状況を確認しようと、「JAL 運航状況」と検索して、

何とか対処しようとしている方もいます。

 

 

結論から言うと、JAL遅延欠航は普通にあるので、もしそうなった時、

いち早く確認して対処することが必要となります。

 

 

「どうしよう」と迷っている間に、状況はさらに悪化するかもしれないので、

まずは運行状況を調べてみましょう!

 

 

もしかしたら数十分の遅延だけかもしれないし、欠航になっているかも知れません。

 

 

■国内線・国際線の運航状況を確認する方法

 

 

JAL(日本航空)の運行状況

 

 

※国内線:JALの国内線運行状況を確認できるページへアクセスしてください。

※国際線:JALの国際線運行状況を確認できるページへアクセスしてください。

 

 

JALの公式ページでは、それぞれの便の遅延や欠航に関する運行状況を確認することができます

まず上記のリンクからアクセスしていただいて、「運行の見通し」を確認してみてください。

 

 

ここでは、大まかな地域に対してJALの運行状況を確認することができます。

 

 

国内線は、北は北海道から南は沖縄まで直感的に見ることができ、

降雪や強風などによって遅延・欠航が発生するかどうか確認できるはずです。

 

 

国際線はアジアから北米、ヨーロッパまでJALが運航している地域を調べることができるので、

それぞれ調べてみて下さい。

 

 

詳しく調べたいという方は、「発着情報検索」という項目から「路線で検索」か「便名」で検索を選び、

そこから調べることが可能となっています。

 

 

路線で検索する場合

 

路線で検索」する場合は「出発」の欄に自分が出発する地域と、

到着」に自分が到着予定の地域を入れて検索することになります。

 

 

便名が分からない時などに使えるので、

後は出発日なのか到着日なのかを選択肢、日にちを入れて「検索」をクリックします。

 

 

そうすれば、その日発着予定の飛行機情報がわかるので、自分が乗る飛行機の情報を探し手見ましょう。

 

 

便名で検索する場合

 

便名で検索」する場合は「航空会社名」と「便名」を入力して検索します。

 

 

便名が分かっているという場合はこちらの方が早いので、こちらで検索するようにしてください。

検索」をクリックすると、そこから現在の運行状況が把握できます。

 

 

詳しく掲載されていないことも多いですが、

明らかに理由が分かる場合は「降雪」や「強風」「濃霧」と言った状況が記載されています。

 

 

国内線も国際線も遅延・欠航するとパニック状態となるので、早めに調べておき、

スムーズに対応してもらえるようにしましょう。

 

 

どうしようか」と迷っているのではなく、状況に応じて航空券を振り替えてもらったり、

次の便の空席を調べてもらったり、できることは多々あります!

 

 

■遅延・欠航が多い地域とは?

 

 

JAL(日本航空)の運行状況

 

 

遅延・欠航が多い地域について知っておけば、旅行の前に心の準備をしておくことができますよね

 

 

国内線も国際線も気を付けておきたい地域を知っておけば、予め保険に加入したり、

航空券を振り替えてもらったりすることもできるので、知っておきましょう。

 

 

日本国内の場合は、やはり冬は降雪地域が遅延・欠航などもとても多くなります。

北の主要空港である新千歳空港などは、特に遅延欠航も多い空港となっています。

 

 

設備が整っているので、雪が降る程度であれば大丈夫なのですが、

視界不良となるほどの濃霧や大雪の場合は遅延もありますし、欠航することも多いです。

 

 

その他東北の空港も冬は注意が必要となります

 

 

その他、近年は関東や関西でも降雪することが多くなっていて、

新千歳空港などに比べると除雪機能が優れていない空港もあります。

 

 

そうなると、欠航なども多くなるでしょう。

 

 

日本は特に冬のフライトに気を付けておきたい国だと言えるかもしれませんね!

 

 

なお、沖縄などの台風が多い地域なども気を付けておきたいです。

 

 

特に夏は台風が多いですし、強風で飛行機が離着陸できないこともあるので、遅延・欠航も出てきます。

冬の降雪時に比べると確率は低いですが、それでも注意しておく方が良いです。

 

 

まとめ

 

 

JAL(日本航空)の運行状況

 

 

JALのような大手の航空会社でも遅延・欠航は、普通にあります。

それぞれ運航状況を調べてみて、本当に飛行機が飛べるのかどうか判断していきましょう。

 

 

難しそうな場合は、早急な対応が必要となります。フライトはなるべく余裕を持ったスケジュールにすると、

遅延・欠航しても焦らなくて済むかもしれません。

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================



何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!

メールでのお問合せはこちら:






お電話でのお問合せはこちら:


国内線ご予約は ↓

h_img01


.

国際線ご予約は ↓

JTB正規取扱店

.

LCC(格安航空券)、

JAL(日本航空)・ANA(全日空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット

.