ワーキングホリデーをご存知でしょうか?

 

旅行が好きな人や、海外に興味がある人、また外国語に興味がある人なら聞いたことがあると思います。

LCC(格安航空券)で行く海外に、ワーホリの醍醐味をプラスして飛びましょう♬

 

 

ワーキングホリデーとは、日本と他の国とで協定を結び、一年間お互いの国の若者がお互いの国を行き来し、異文化理解、または交流のためにできている制度のことで、滞在中に学校に行ったり、仕事をしたりすることを許可されています。

 

言葉は聞いたことがあるけど、よくわからない人、興味はあるけど申請の仕方や費用がわからない人など多いと思うので、今回はワーキングホリデーについて紹介して行きます。

LCC(格安航空券)で行けるワーキングホリデーの場所もしっかりチェックしておきたいですね!

 

 

ステップ1、ワーキングホリデーに行ける国と期間を知る!

 

 

 

ワーキングホリデーは全て同じ制度ではなく、日本と各国とで協定を結んでいるので、国ごとで申請方法や申請してから許可が下りるまでのスピード、必要書類、資金証明など、全て違います。

また学校に通える期間が決まっている国や、一つの雇用主の下での働ける期間などに規制がある国もありますので、行きたい国のワーキングホリデー制度について知ることがまず一番大切です。

LCC(格安航空券)での就航国や都市もしっかり下調べしておきたいですよね。

 

※資金証明とは、空港でのビザ発行時に銀行の残高証明を掲示し、その国に滞在できるだけの資金を持っていることを証明する事です。

 

 

 

1、オーストラリア

 

 

マリンスポーツが盛んな国なので、サーフィンを目的として留学する人も多い国です。

2年間滞在することができるセカンドワーキングホリデー制度がある。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:4ヶ月まで

就労:同じ雇用者の下で6ヶ月まで(職場を変えればOK)

セカンドワーキングホリデー:季節労働3ヶ月以上する

資金証明:$5000(AUS)以上

言語:イギリス英語(強い訛り有り)

申し込み:オーストラリア大使館より: http://japan.embassy.gov.au/

申請料:$420

とにかく楽しみたい人にオススメです!

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

2、ニュージーランド

 

 

自然が豊かなニュージーランドでは、スキーやスノーボード留学やゴルフ留学、ラグビーなどのスポーツ系の留学が人気です。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:6ヶ月まで

就労:同じ雇用者の下で3ヶ月まで(職場を変えればOK)

延長:ワーキングホリデーを3ヶ月延長することが可能

資金証明:なし

言語:イギリス英語(強い訛り有り)

申し込み:ニュージーランド大使館より: https://mfat.govt.nz/en/  

申請料:無料

 

 

 

3、カナダ

 

 

アメリカが近いカナダには本格的に英語を学びたい人が集まる傾向にあります。

雪国ですので、スノボーやスキー留学も人気です。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:6ヶ月まで

就労:一年間

延長:なし

資金証明:なし

言語:アメリカ英語、フランス語(ケベック訛り有り)

申し込み:カナダ大使館より: https://www.canada.ca/en.html

申請料:$250

 

治安もよく、留学生に一番人気です!

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

4、韓国

 

 

お隣韓国は、韓流ドラマが流行ってからワーキングホリデーの人気も高くなった国です。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:一年間

就労:一年間

延長:なし

資金証明:$2500(US)

言語:韓国語

申し込み:韓国大使館より:

 http://jpn-tokyo.mofa.go.kr/worldlanguage/asia/jpn-tokyo/main/

 

韓国なら日本からLCC(格安航空券)でいけますね!

 

 

 

5、フランス

 

 

フランスへのワーキングホリデーは、料理やサッカー、ファッション関係や芸術家の人に人気の国です。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:6ヶ月まで

就労:一年間

延長:なし

資金証明:なし

言語:フランス語

申し込み:フランス大使館より: http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais-

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

6、ドイツ

 

 

ドイツといえばサッカー留学ですよね!

クラブチームなどに入ればプロ入りも夢ではありませんよ!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:6ヶ月まで

就労:一年間

延長:なし

資金証明:2000ユーロ

言語:ドイツ語

申し込み:ドイツ大使館より: http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/Startseite.html

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

7、イギリス

 

 

 

2016年からセカンドワーキングホリデー制度が始まり二年間滞在できるようになりました!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:規定なし

就労:規定なし

セカンドワーキングホリデー: 申請(1000名のみ)

資金証明:なし

言語:イギリス英語

申し込み:イギリス大使館より:

https://www.gov.uk/government/world/japan.ja

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

8、アイルランド

 

 

アイルランド人は世界一気さくと言われているフレンドリーな国です!

そして何と言ってもビールがうまい!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:規定なし

就労:規定なし

延長:なし

資金証明:50万円

言語:イギリス英語(強い訛り有り)

申し込み:アイルランド大使館より:

 https://www.dfa.ie/irish-embassy/japan/

申請料:無料

 

友達何人できるかなー??

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

9、デンマーク

 

 

2007年から始まったワーキングホリデー制度!

交流は始まったばかり!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:規定なし

就労:規定なし

延長:なし

資金証明:なし

言語:デンマーク語

申し込み:デンマーク大使館より: http://japan.um.dk/ja.aspx

申請料:無料

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

10、台湾

 

 

観光にも人気な台湾のワーキングホリデーは2009年から始まりました!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:3ヶ月

就労:規定なし

延長:なし

資金証明:20万円

言語:中国語

申し込み:台湾大使館より: http://www.taiwanembassy.org

 申請料:無料

マリンスポーツの盛んな台湾では、サーフィンやダイビングなども楽しめます!

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

11、香港

 

 

香港とのワーキングホリデーは2010年から開始されました。

中国語と英語のバイリンガル留学が可能な国です!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:6ヶ月

就労:3ヶ月

延長:なし

資金証明:25万円

言語:中国語

申し込み:中国大使館より: http://www.china-embassy.or.jp/jpn/

申請料:無料

今の時代、英語と中国語が話せたら、就職活動に有利になりますよ!

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

12、ノルウェー

 

 

北欧の美しい国、ノルウェーもワーキングホリデー加盟国です。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:なし

就労:6ヶ月

延長:3ヶ月分の生活費、帰りの航空券

資金証明:25万円

言語:ノルウェー語

申し込み:ノルウェー大使館より http://www.norway.or.jp/

申請料:無料

 

 

 

13、ポルトガル

 

 

2015年にワーキングホリデー加盟国になったばかりのポルトガル!

サッカー留学にオススメ!

 

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:記載なし

就労:記載なし

延長:なし

資金証明:16000ユーロ

言語:ポルトガル語

申し込み:ポルトガル大使館より http://embaixadadeportugal.jp/jp/

 申請料:無料

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

14、ポーランド

 

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:記載なし

就労:記載なし

延長:なし

資金証明:$2000(US)

言語:ポーランド語

申し込み:ポーランド大使館より

 http://www.portland.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 申請料:無料

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

15、スロバキア

 

 

今年、2016年6月に可決されたスロバキアとのワーキングホリデー制度。

まだ日本人は少ないですよ!

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:記載なし

就労:記載なし

延長:なし

資金証明:4000ユーロ

言語:スロバキア語

申し込み:スロバキア大使館より:

 http://www.sk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

申請料:33ユーロ

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

16、オーストリア

 

 

芸術の国オーストリア!音楽留学も夢ではありません!

期間は半年のみです。

 

対象年齢:18歳〜30歳

修学:記載なし

就労:記載なし

延長:なし

資金証明:なし

言語:ドイツ語

申し込み:オーストリア大使館より: https://www.bmeia.gv.at/jp/botschaft/tokio.html

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

ステップ2、行きたい国としたい事を決める!

 

 

ワーキングホリデーで一番大切なことは、どこで何をしたいか具体的に決めることです。

例えば、『英語が話せるようになりたい』と言う目標を立てると、この留学は失敗します。

 

1年という長い期間滞在するワーキングホリデーにはこの目標はアバウトすぎるからです。

 

『英語が話せるようになる』は、どのレベルを指しているのかわからないですよね。

もっと具体的に旅行に困らない程度なのか、就職に有利な英語力なのか決めることで、勉強する場所も、仕方も変わってしまします。

 

 

16カ国の中から自由に選ぶことができるワーキングホリデーなので、行く場所も悩みますが、やりたい事が具体的なら自然と国は決まってきます。

 

例えば、あなたが『ビジネスで使える英語力を1年間で身につけたい!』と思ったならカナダを選ぶはずです。

現在世界で使われている英語はアメリカ英語です。

イギリス英語とは、単語、発音、文法が違い、最近ではイギリス人もアメリカ英語を使うようになったとも言われています。

 

 

ですので、本気でビジネス英語がしたいなら、訛りが強いイギリス英語をオーストラリアやアイルランドで学ぶのではなく、アメリカに近いカナダで勉強した方が良いですよね。

 

芸術面やスポーツ面を勉強したいなら、それらに特化している国を選びましょう!

 

やりたい事が明確になるだけで、行きたい国が決まってきます。

留学前にしっかり考え決めることはとても大切な行為です。

また帰国後のことも視野に入れると、もっと充実した留学ができますよ!

LCC(格安航空券)または乗継航空券リアルチケットへお問い合わせください☆

 

 

 

まとめ

 

こんなに色んな国に一年近く滞在できるなんて夢のようですよね!

デンマーク語やポーランド語など、語学を勉強しても使えないのではないかと不安になりますが、言語を覚えるのに理由なんかはいりません!

好きなことを、その国で一生懸命することが大切です。

 

ワーキングホリデー制度は働くことができるので、お金を減らさないで滞在することができますし、海外で働きながらお金を増やし、スキルを伸ばし続ける人もいます。

 

ワーキングホリデーの滞在の仕方は、自分次第です。

あなたはどこの国で何がしたいですか?

 

 

パート②では、費用や海外での生活、気になる帰国後についてなど紹介して行きますね!

 

パート②へ続く・・・

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================



何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!

メールでのお問合せはこちら:






お電話でのお問合せはこちら:


国内線ご予約は ↓

h_img01


.

国際線ご予約は ↓

JTB正規取扱店

.

LCC(格安航空券)、

JAL(日本航空)・ANA(全日空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット

.