スカイマークを格安で利用する裏技!webバーゲン&割引まとめ

スカイマークはLCC(格安航空券)として知られているのですが、ただ安いだけではなく、さらに安くできる予約方法があることを知っていますか?

予約方法によって、格安で利用する裏技・コツがあり、それを駆使すれば思っている以上に航空券を安く予約できるのです。

スカイマークを格安で利用する裏技!webバーゲン

 

飛行機代というのは、移動するだけで数万円掛かってしまうので、国内旅行だとしても移動費だけで大きな出費になってしまうこともありますよね。

「できることならもう少し安く済ませたい」という声があるのも事実です。

 

そこで、今回はスカイマークを格安で利用するための予約方法について紹介します。

テーマとしては「webバーゲン・割引」となるので、予約前にしっかりと確認しておくことをおすすめします!

 

 

スカイマークを安く使うためにはwebバーゲン&割引を使うべし!

スカイマークを安く使いたい」と考えている方は、まずは安くする方法を色々と調べてみると良いです。

安くする方法としては、「シーズンを避ける」とか「平日に利用する」とか「早めに予約する」とか色々とがあるのですが、根本的に航空券が安ければ移動費を節約できます。

 

 

まず根本的に安くしたいという時は、webバーゲン割引を利用すると良いでしょう。

なお、スカイマークでは様々なwebバーゲンや割引を提供しているので、条件に合った航空券が必ず見つけられるようになっています。

 

むしろ当てはまらない人はいないんじゃないかと思うくらい、スカイマークのwebバーゲン割引豊富なものとなっています。

予約する前に、しっかり確認しておくことによって、旅行を安くしましょう!

 

 

スカイマークのwebバーゲン&割引まとめ

いよいよここからスカイマークが提供しているwebバーゲンや割引について紹介していきます。

LCC(格安航空券)使い方に関しては、予約の時にそのまま適用されていることが多いですが、あらかじめスカイマークのホームページ(http://www.skymark.co.jp/ja/)で確認しておくことをおすすめします。

 

1:いま得

「いま得」というのは、3日前もしくは1日前まで予約することができる運賃のことを意味しています。

空席状況によって価格が左右し、実際に運賃も驚くほど安くなるのが特徴となっています。

 

ただ、予約変更ができないため、一度予約してしまったら変更することはできません

変更する場合や行けなくなってしまった場合も料金の支払いは発生してしまうので、十分注意しておくことが必要となります。

また、販売座席数に限りがあるので、早めに予約しておかないと、すぐに席が埋ってしまうということもあります。

その点も十分注意して利用していくべき割引となりますね。

 

突発的な旅行計画でも使えるものなので、総じて汎用性の高い運賃と言えますね。

 

いま得の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/imatoku.html

 

 

2:前割7

「前割7」というのは、搭乗する7日前まで予約が可能な割引運賃となっています。

また、この割引の特徴としては便変更が可能という点にあります。

予約受付期間内であれば、前割7から他の前割7へ変更できるので、それぞれの状況に合わせて利用できるのは心強いです。

 

ただ、販売座席数に限りがあるため、複数人で利用する場合や突発的に変更が必要となった場合などは、予約できない可能性があるので注意したいところです。

使い方によってはとても便利なものなので、7日前までに行き先が決まっているという方は利用してみましょう。

 

総じて使い易い割引運賃となっているので、旅行の際には積極的に使って良い運賃と判断して良いのではないでしょうか。

 

前割7の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/pre7.html

 

3:前割3

「前割3」というのは、搭乗する3日前まで予約ができる割引運賃のことです。

旅行計画をしているとギリギリまでスケジュールが分からないという方もいるので、そういう方は、前割3を使って安く済ませるということもできるでしょう。

 

また、予約変更が可能な割引となっているので、同じく前割3への変更であれば、問題なく変更することが可能となっています。

座席数には限りがあるものの、旅行計画に合わせて使っていける点は嬉しいです。

 

総じて予定が変わりやすい方などにおすすめの割引と言えるのではないでしょうか。

 

前割3の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/pre3.html

 

4:前割1

「前割1」というのは、他の前割7や前割3と同様に、搭乗日ぎりぎりまで予約できる割引運賃のことを言います。

前割1の場合は、搭乗の1日前までに予約すれば利用可能なので、非常にタイトなスケジュールという方にも嬉しいものとなっています。

 

例えば、急に「明日東京から北海道に行かなくてはならなくなった」という方や「沖縄から実家の東京に帰らなくてはならなくなった」という方に便利な運賃です。

予約変更は可能なものの、前割1から前割1にのみとなっていて、他の前割には予約変更できないので注意して下さい。

 

総じて急な用事ができた時などに使える運賃となっていますので、どうしても直前に飛行機に乗らなければならなくなった場合は、利用してみましょう。

 

前割1の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/pre1.html

 

LCC(格安航空券)スカイマーク

 

5: SKYバーゲン45

「SKYバーゲン45」というのは、スカイマークが提供するバーゲンの一つで、搭乗45日前から予約することが可能な割引運賃となっています。

早ければ早いほど航空券の予約は得することが多く、SKYバーゲン45はまさにその一例と言えるバーゲンとなっています。

 

予約変更はできないのですが、料金自体が他の割引運賃に比べてとても安くなっているのが特徴です。

実際に早めに旅行計画を立てられるという方は、こちらの割引運賃を活用した方が確実に安く済ませることができるでしょう。

 

総じて大型連休を取得しやすい方や数か月前から休めることが確定する方などに、適しているwebバーゲンとなっています。

 

SKYバーゲン45の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/skybg45.html

 

6:SKYバーゲン21

「SKYバーゲン21」というのは、搭乗の21日前から予約することができる割引運賃となっていて、予約変更はできないもののお得な料金となっています。

旅行の旅程を早めに決めることができる方は、その分お得になるというワケです。

 

料金的には、SKYバーゲン45の方が安くなることが多いので、もっと早く決められるという方は、SKYバーゲン45の方を利用するのが良いでしょう。

もちろんSKYバーゲン21だと3週間前から決める必要が出てくるので、その点はスケジュールに合わせてそれぞれ決めていきたいものです。

 

総合的に見てみると、スカイバーゲンシリーズはお得なので、既に大型連休などが確定している場合は、早めに利用した方が良い割引運賃と言えますね。

 

SKYバーゲン21の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/skybg21.html

 

7:SKYセール

「SKYセール」というのは、SKYバーゲンとは少し違うもので、それぞれの前割とも違った料金設定となっている運賃のことを言います。

対象路線の一部の分を期間限定でお得にするキャンペーンとなっていて、旅行先が決まっているという方にとっては便利なものです。

 

 

例えば、東京から沖縄への特定の便にSKYセールが適用されていることがあり、大変お得になっていることがあります。

その他、シーズンや時期によってSKYセールは定期的に行われているので、随時チェックしておくと良いのではないでしょうか。

 

インターネットのwebバーゲンや割引の中では、かなりお得なものと言えます。

また、旅行計画が「まだ決まっていない」という方は、SKYセールを実施している路線から選んで、行き先を決めてしまうというのも良いですね。

 

SKYセールの詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/skysale.html

 

8:U21直前割

「U21直前割」というのは、満12歳以上22歳未満の利用者が、搭乗日前日から当日まで予約することができる割引運賃となっています。

例えば受験で本州に行かなくなってしまった場合や就活で他県に行かなければならなくなった場合など、直前でも利用できる便利な割引となります。

 

若い人に向けて提供されているもので、主に学生の利用者が多くなっているので、使い方によっては汎用性も高い割引と言えます。

予約変更はできないのですが、搭乗日当日の出発空港で同日内の希望便に空きがある場合は変更可能です。

突然旅行したくなった時などは、スカイマークで予約すると安くできるということですね。

 

なお、年齢については係員が確認するようになっているので、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「学生証」などを持参する必要があります。

その点は忘れがちになってしまうものなので、必ず持っていくようにしてください。

 

U21直前割の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/u21.html

 

9:シニアメイト1

「シニアメイト1」というのは、文字通りシニアの方向けに提供されている割引運賃のことであり、使い方によってはとてもお得になる料金と言って良いです。

条件としては、満60歳以上の方が対象となるので、年齢確認ができるものを持参することが必要となります。

 

 

旅行は退職後にするという方も多いことから、スカイマークを利用する時はシニアメイト1を利用するのがおすすめと言えるでしょう。

特に年齢を重ねてから旅に行く方のための割引運賃ですので、旅行好きな方は活用する価値も十分あると言えるのではないでしょうか。

 

予約変更はできないものの、搭乗日前日から当日まで予約することができるので、フラッと旅に出たい方はもちろん、急な用事で飛行機を使わなければならなくなった時などにも便利なものだと言えます。

 

シニアメイト1の詳細は以下URLから確認しておいてください。

http://www.skymark.co.jp/ja/fare/seniormate1.html

 

予約する前に確認するべし!

LCC(格安航空券)スカイマークには、豊富なwebバーゲンや割引が用意されているので、予約する前にしっかりと確認しておくことが重要となります。

インターネット経由で予約する場合は、本人情報に合わせてお得な割引運賃を適用してくれるようになっているので心配する必要はありませんが、他の便と比べてみて、最適なものを選んでいきましょう。

 

例えば、飛行機を予約する時というのは、出発する時間や到着する時間などもそれぞれバラバラです。

目的に合わせて使っていくことによって、費用対効果も考えておくことが重要です。

早朝の便を予約したのは良いものの、時間的に前泊しなければならなくなった場合は、費用対効果も薄れてしまいますよね。

その他、飛行機代だけではなく状況によって発生する費用についても考えておくことが重要です。

LCC(格安航空券)スカイマークのwebバーゲンや割引が便利な反面、予約変更ができないものも多く、直前に予約できるものに関してはほとんど予約変更できません。

前々から計画していくという方については、SKYバーゲン45や21などを活用し、より安くできないか考えてみることも重要です。

 

LCC(格安航空券)飛行機は利用する航空会社や便によって大きく価格が異なることもあるので、比較がとても重要だと言えますね。

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================

 

 

何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!

 

 

メールでのお問合せはこちら:

 

 

お電話でのお問合せはこちら:

国内線ご予約は ↓

h_img01

 

.

 

国際線ご予約は ↓

JTB正規取扱店

.

LCC(格安航空券)、

JAL(日本航空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット