アセアンパス(ASEAN PASS)の良さと特徴

エアアジアのCA制服は真紅で魅力的☆(写真はイメージです)

エアアジアのCA制服は真紅で魅力的☆(写真はイメージです)

 

LCCド素人でもわかった

「たった1.8万でアジア周遊旅行を楽しみ尽くす方法」

~アジアを旅するバックパッカー&

大学生に贈る「現代最強の旅行術」~

 

今回はLCC(格安航空会社)に一度しか乗ったことのない

LCC超絶初心者の私でもわかったASEANパスについてのレビューです。

 

私もごく最近、「そもそもLCCってなんだ…?」とgoogle検索したばかりです…

そんな私がひょんなことから格安航空会社「エアアジア」について学ぶ機会がありました。

 

その時発見した「エアアジア」の「ASEANパス」に驚嘆!!

 

ちょうどバックパッカーの友人から

バックパッカーの魅力を聞いたばかりだったので、食いつきました。

「アセアンパス」とは、簡単にいうと、ASEAN諸国を自由に周遊できる「お得な回数券」。

その価格、なんと…「たったの1.8万円!?」そんな馬鹿な!

 

信じられない価格…疑い深い私は徹底的に比較分析。

その結果見えてきた「アセアンパス、本当の正体」を大公開しちゃいます!

 

 

そもそも「ASEAN」ってなんだっけ?周遊できる国は?

 

「アセアンパス」で周遊可能になる国、「ASEAN」(アセアン)とは、

東南アジア諸国連合の略で、タイ・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・

フィリピン・シンガポール・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ベトナムの10カ国。

 

 

 

こんなに「アセアンパス」対象路線があるんだ!

 

タイ・マレーシア・インドネシア・ブルネイ・フィリピン・シンガポール・

カンボジア・ミャンマー・ラオス・ベトナムの10カ国内の140路線以上!

 

 

二種類の「アセアンパス」の料金と有効期限

 

「アセアンパス」には二種類のプランがあります。

 

・「エアアジア アセアンパス」

=10クレジット(初搭乗からの有効期限30日)18.000円のプラン

 

・「エアアジア アセアンパス プラス」

=20クレジット(初搭乗からの有効期限60日)32.000円のプラン

 

(パス購入から1年間有効。通貨や時期によって異なるため、購入前に

外貨レートを確認するのがおすすめ!

ただ、空港使用税や座席指定料金などは別途支払い。)

 

クレジットってなんですか??

 

簡単にいうと、ICOCAやSuicaなどの電子マネーのチャージ額

みたいなもので移動に必要なポイントです。

 

購入時に「10クレジット」か「20クレジット」を選択するが、

各区間の移動距離に合わせて

1クレジット、3クレジット、5クレジットが必要になります。

 

フライト時間が2時間未満=1クレジット

フライト時間が2時間以上=3クレジット

(例外として、インドネシア国内に限り5クレジットが追加された。)

 

例、

「1クレジット」

クアラルンプール→シンガポール路線

クアラルンプール→ホーチミンシティ路線

クアラルンプール→プノンペン(カンボジア)

バンコク→チェンマイ路線

バンコク→プノンペン路線

バンコク→ホーチミン、ハノイ

シンガポール→ジャカルタ路線など多数

(バンコク発の場合、全27路線の内、1路線を除いて1クレジット消費)

 

「3クレジット」

クアラルンプール→バンコク路線

クアラルンプール→バリ島路線

クアラルンプール→ブルネイ

クアラルンプール→セブ

バンコク→バリ島路線

バンコク→シンガポール路線

ハノイ→クアラルンプール路線

(クアラルンプール発の場合、全48路線の内、29路線が3クレジット消費)

 

「5クレジット」

バリ島→ジャカルタ路線など

これなら普段の買い物感覚で、ポイントで乗れますね!

 

 

ここで「裏技」ご紹介!

 

  • マレーシアリンギット(マレーシア通貨)で購入すると、こんなにお得!

 

「アセアンパス」10クレジットを日本円で購入すると18.000円。

 

マレーシアリンギットで購入すると…

 

んと、約13.000円!!

 

「5000円」もお得!(2015年の為替レート)

 

ちなみに、20クレジットを日本円で購入すると32.000円ですが、

マレーシアリンギットであれば、約25.000円!

 

やはり、「7000円」もお得なのです!

(2015年の為替レート)

 

値切り倒したいあなたには、少し手間がかかるかもしれませんが、

マレーシアリンギットでの購入がおすすめ!

 

これだけお得な「アセアンパス」の裏にある「注意点&ルール」は要チェック!

 

  • 予約は、二週間前まで。
  • パスが使えるのは、「ASEAN諸国」のみ。

日本から使用する場合は、一旦ASEAN諸国入りする必要がある。

 

  • 同一区間は二度通れないことになっている。

例、クアラルンプール→バンコク→クアラルンプール→バンコクは不可。

  クアラルンプール→チェンマイ→バンコク→クアラルンプールは可。

 

  • クレジットは運賃の代わりになるだけで、空港税やその他のサービスは別途支払い。

 

  • 学校の長期休暇期間や土日祝、繁忙期などにはチケットが使えなかったり、取得しずらい。(ただ、学校休暇期間が厳密に記されている訳ではにので、確認が必要。)

 

  • パスには座席制限が存在するので、フライト予約は空席状況次第。(アセアンパスに割り当てられた座席はそもそも決まっており、普通予約で空席があってもパスでは予約できない場合がある。どの日に、どんなフライトでも予約できるとは限らない。)

 

  • 12歳以上だけ使用することが出来る。

 

  • 予約内容の変更はできる(48時間前まで)が、手数料が必要になる。

 

  • 予約をキャンセルすると、その分のクレジットが失われる。

 

 

「アセアンパス」のメリットデメリットを分析!実際どうなんですか?

 

「アセアンパス」ってお得なように見えるけど、「全然お得じゃない!」

ってネットに書き込みが…

「注意点多すぎ!」「使いずらそう…」と思ったあなたのために!

 

  • メリット

・もちろん、最大のメリットは、その「安さ」!

1万8000円で東南アジアの国々を周遊できるのは、見れば誰しもわかるように、とにかくお得!!

 

・エアアジアのクレジットカード決済は、毎回700円の追加手数料がかかるが、アセアンパスでは手数料いらず。

 

・料金変更に左右されることなく、保証された金額のクレジットを取得できるので、ややこしい計算をしなくて済む。

 

・離陸時にBIGポイントを稼げる!

 

・パスと同時に購入することで、「エアアジア」を使って日本からASEAN諸国及び非ASEAN諸国(オーストラリアを除く)への国際線の往復料金が、10パーセント割引される。(出発便の予約時の基本料金のみ割引適応。)

 

  • デメリット

・パス代とは別に別途料金が路線毎にかかるため、結局普通に予約するのと変わらないとの声も。

 

・そもそも、多数の格安航空会社が存在しているため、一路線枚に購入すると場合によっては他社の方が安いこともある。

 

・短時間移動をせざるを得ない場合がある。

 

・返金ができない。

 

・2週間前から行先を固定される。

 

・パスで取れない席がドンドン増えていく。

 

・アセアンパス購入前に空き状況を確認することができない。

 

・通常、15キロから手荷物預けを選択するが、アセアンパスでは手荷物量が20キロからしか選べない。そのため、20キロ以上の手荷物を持っている際、毎回2.000~2.500円の別途代金を見ておいた方がいい。

 

・何度も同じ場所に行けない。

 

・2人一緒にフライト予約ができない。(個別予約制のため)

 

・「もっとゆっくりこの場所にいたい」ができない。(有効期間が決まっている)

 

・陸路の方が安い。

などなど。

 

 

比較した結果、「こんな人」におすすめ!

 

・忙しい人向けでない。(応用の効きにくい日程では多少難しい)

・陸路より空路を選びたい人。

・旅の日程を早く確定できる人。

・トラブルなど多少の不便に慣れている人

・「アセアンパス」で行ける場所と自分が行きたい場所が同じ人。

・できるだけ安く、且つ多くの国や土地を見て回りたい人。

 

つまり、

  • 時間はあるがお金がない…そんな学生さん
  • ノマドワーカーやバックパッカーなど時間に余裕がある人
  • 不自由さや手間、ちょっとしたトラブルさえも楽しめる旅人etc…

などの方におすすめですね!

 

そうと分かれば、「アセアンパス」で行ける東南アジア諸国の魅力を教えてください!

 

  • タイ

タイの首都バンコクは、3年連続世界最高の観光都市に選ばれている東南アジアの代表都市!

寺院や歴史的建造物などが豊富で、リーズナブル且つ贅沢な旅が楽しめます。

世界遺産は、「アユタヤ歴史公園」などがある。

 

  • カンボジア

カンボジアのシェリムリアップは、ユネスコ世界遺産に登録されている「アンコールワット」の玄関口。

ヒンドゥー教最大の寺院には、一生に一度は行ってみたい!

 

  • インドネシア

誰もが知ってる青い海が広がる楽園、バリ。美しいビーチに伝統文化など、楽しみ方豊富!

バリ島以外にも寺院をはじめ、世界有数の美しい景観が広がっています。世界中のサーファーが集まることも有名。

世界遺産は、「ボロブドゥール寺院遺跡群」などがある。

 

  • シンガポール

観光大国シンガポール!その美しい街並みは、世界屈指!

夜はカジノで楽しんじゃいましょう。

 

  • ベトナム

旅行会社が調査した「日本人女性が行きたい国」ラインキングで1位を獲得している。

近年人気が高まっている国。

世界遺産は、「ハロン湾」などがある。

 

  • カンボジア。

近年、経済発展が著しく、とてもビジネス面で注目を集めている国です。

危険なイメージがありますが、現在はとても平和になっております。

 

  • ミャンマー

沢山の寺院や美しい海や湖など、沢山の素晴らしい観光名所があります。

世界遺産クラスの価値ある建造物「バガン遺跡」

 

  • ブルネイ

一人当たりのGDPは、187国中26位。

意外にも日本よりランキングが上位の豊かな国。

ゴージャスさと庶民的な空気、両方を楽しむことができ、治安もよく、清潔で、初心者にもおすすめの国。

 

  • フィリピン

リゾート地として有名なセブ島があるフィリピン。

ダイビングやサーフィンなどで楽しむもよし、ビーチでゆっくりするもよし。

 

  • ラオス

日本の昭和の空気が流れているラオス。

優しい人とまったりした空気に癒される。

絶景も見どころ!

 

世界遺産には、「古都ルアンパバーンの町」

 

考えるのがめんどくさい方へ、モデルプラン(参考)を教えます!

()内は、クレジット数

  • バンコク(タイ)→(1)→チェンマイ(タイ)→(3)→プーケット(タイ)→(1)→シンガポール→(1)→クチン(マレーシア)→(1)→クアラルンプール(マレーシア)→(1)→メダン(インドネシア)→(1)→ペナン(マレーシア)→(1)→バンコク(タイ)

(合計10クレジット)

 

  • クアラルンプール(マレーシア)→(1)→プーケット(タイ)→(1)→シンガポール→(1)→ペナン(マレーシア)→(1)→バンコク(タイ)→(3)→バリ(インドネシア)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)

(合計10クレジット)

 

  • クアラルンプール(マレーシア)→(1)→クチン(マレーシア)→(1)→コタキナバル(マレーシア)→(3)→ペナン(マレーシア)→(1)→バンコク(タイ)→(1)→チェンマイ(タイ)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)

(合計10クレジット)

 

  • クアラルンプール(マレーシア)→(1)→クチン(マレーシア)→(1)→コタキナバル(マレーシア)→(3)→ジャカルタ(インドネシア)→(1)→シンガポール→(1)→プーケット(タイ)→(1)→バンコク(タイ)→(1)→ペナン(マレーシア)→クアラルンプール(マレーシア)

(合計10クレジット)

 

  • クアラルンプール(マレーシア)→(3)→バンダン(インドネシア)→(1)→シンガポール→(3)→バンコク(タイ)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)

(合計10クレジット)

 

  • マニラ(フィリピン)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)→(3)→バンコク(タイ)→(バス移動)→シェムリアップ(カンボジア)→(バス移動→)バンコク(タイ)→(3)→バリ(インドネシア)→(5)→ジャカルタ(インドネシア)→(1)→シンガポール

(合計20クレジット)

 

  • バンコク(タイ)→(1)→ホーチミン(ベトナム)→(1)→クアラルンプール(マレーシア)→(3)→マニラ(フィリピン)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)→(3)→ビエンチャン・ラオス(ラオス)→(3)→シェリムアップ(カンボジア)→(3)→バンコク(タイ)

(合計20クレジット)

 

  • バンコク(タイ)→(3)→バリ(インドネシア)→(3)→スラバヤ(インドネシア)→(3)→ジャカルタ(インドネシア)→(1)→シンガポール→(1)→クチン(マレーシア)→(1)→コタキナバル(マレーシア)→(1)→セブ(フィリピン)→(1)→マニラ(フィリピン)→(3)→クアラルンプール(マレーシア)→(1)→メダン(インドネシア)→(1)→ペナン(マレーシア)→(1)→バンコク(タイ)

(合計20クレジット)

ざっと、こんな感じで感覚がつかめるかと思います(^-^)

 

ワクワクしてきたら、いよいよ「アセアンパス」の購入方法と予約!

 

会員として「エアアジア」サイトにログインする。

メニューに沿って進めていく。

アセアンパスのページから10クレジットか20クレジットを選択し、購入する。

(決済は、クレジットカード(VISA/Master)のみ)

パスの持ち主(名義)を入力。(フライト前であれば、変更可能)

(その後、ルートが決まっていれば、ルートを選べます。)

(パスを購入済みの場合)、エアアジアサイトにログインし、専門予約フォームへ。

購入済みのアセアンパスを選択し、日時と目的地を選択。路線によりクレジットが差し引かれる。

前述の通り、パスで支払えるのは、運賃のみ。その路線で必要な空港税を支払う。

予約確定の知らせが来るのを確認する。

その他のサービスが必要な場合、サービスを選択し、その料金を支払う。

 

注意1:日本から予約する場合、日本から一番安く行ける都市に行き、そこからアセアンパスを利用することになる。

注意2:搭乗2週間前までにクレジットを航空券に交換する。

 

空席がないときは…

 

・別の日程を選ぶ。

・諦めて、別のルートを選択する。

・普通に予約する。(せっかく買ったパスを使わないのはもったいないですが…)

 

 

まとめ「多少の不便は旅の醍醐味!」

 

いかがでしたか?

「アセアンパス」のメリットデメリットがわかった上で、「アセアンパスを使って旅してみたい!」と感じたあなたは、ある意味、「旅の醍醐味」を心得ている強者です。

 

「あえて、そこを選ぶ!」と決めたあなた!

ぜひ「アセアンパス」を使った東南アジア周遊の旅にチャレンジして、一風変わった旅の歴史を刻みましょう!
「アセアンパス」を使った東南アジアへの旅のご予約はこちら!

 

お電話でのお問合せはこちら:

JTB正規取扱店

 

リアルチケットでは、

現在、【夏季限定!】お得な

エアアジアX特集を行っております!

 

エアアジアは世界最大級の規模を誇るマレーシアの格安航空会社で、

東南アジアやオーストラリア、21カ国・120都市以上を結ぶ

一大ネットワークを築いている、

「ワールド・ベスト・ローコスト・エアライン」(SKYTRAX社)を

7年連続で選出された最高の評価を得ているLCCなのですが、

そんなエアアジアより、

なんと!【びっくり価格!!】

9,800円より2泊3日、3泊4日とクアラルンプール行きの

仰天プランをご案内致しております!

売り切れ御免!数に限りがありますので、

是非、こちらも今すぐチェックしてくださいね!!

トラベルウエスト

それでは、また♪

売り切れ御免!数に限りがありますので、

是非、こちらも今すぐチェックしてくださいね!!