ANA A320neo運航開始!就航初便 NH095便搭乗レポート

 

 

こんにちは!

 

 

先日、2016年12月26日のANA(全日空)の国内線、羽田発~関空行きANA95便で

注目の最新機材である A320neo が初就航しました。

 

 

今回は、その A320neo の紹介と、就航初便の様子をレポートしたいと思います!

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

A320neoとは

 

 

A320neoは、エアバス社が開発し2014年に初飛行を果たし、

2016年に営業運航を開始した最新鋭機材。

 

 

A320のエンジンを高性能低燃費なものに換装し、

翼端の形状を改良した事により15%の燃費改善と、50%の騒音削減が達成されました。

 

 

A320neoの「neo」とはNew Engine Optionの略で、従来型のA320は、

neoと区別してA320ceo(Current Engine Option)と呼ばれることもあります。

 

 

ANA A320ceoとneoはここが違う

 

 

正直なところ、A320neoという名前を聞くとエンジンが変っただけで真新しさは感じません。

しかし、A320neoは確かに「進化」していました。

 

 

まず、ANAが今回のプロモーションでしきりに使ったワードとして

小型機なのに大型機並みの装備を持つ

というものがあります。

 

 

近距離国際線では、

B737シリーズなどの通路側一つしかない”単通路機”等の小型機が多く使われています。

 

 

それらには、個人用モニターがないなど、国内線と装備があまり変わらないことも多くあり、

時には不満を持つ乗客も多くいます。

 

 

しかし今回導入されるA320neoは、

従来の小型機とは一線を画す装備で航空ファンや旅行好きの注目を集めています

 

 

まず、IFE(インフライトエンターテイメント)として搭載されたのは、

ANA初採用のゾティアック製の「Rave」というもの。

 

 

なんと、

エコノミークラスで10インチ,ビジネスクラスで12インチの超巨大かつ高画質なパーソナルモニターを搭載していて、

操作性も抜群。もちろん、みたいところから再生したり早送りしたりできるAVODとなっています。

 

 

また、座席下にはコンセントが、モニター前にはUSB充電ポートが用意されているので、

携帯電話やパソコンの充電切れとはおさらばです。

 

 

文字での説明はこの辺で終わりにして、

就航初便であるANA95便の搭乗レポートを書いていきたいと思います!

 

 

ANA95便搭乗レポート

 

 

それでは、就航初便の様子を余すところなく書いていきます!

今回は、搭乗口前でのセレモニーの様子と、機内での様子に分けて書いていこうと思います!

 

 

搭乗日:2016年12月26日

ANA095便 東京/羽田発大阪/関西行き

 

 

1.搭乗口にて

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

こちらの花束やケーキ、ポストカードなどは、ANAファンからの贈り物とのこと。

 

 

特に、ANAのロゴとA320neo就航の文字がきれいに彩られたデコレーションケーキには、

驚かされたとともに、ファンからの期待が高い機材であった事を再確認できました。

 

 

A320neoをかたどられたシュークリームも素敵ですね!

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

出発予定時刻の30分前/搭乗開始予定時刻の15分前である17時45分から搭乗口前で就航記念の式典があり、

ANAの東京空港支店の峯尾支店長から挨拶があり、

 

15%も燃費が改善されたことや、小型機の割に広い機内空間を有していること、

エコノミークラスを含めた全席にタッチパネル式の液晶モニターが設置されていること、

準備が出来次第近距離国際線にも就航していくこと、

 

等々が紹介され、最後には搭乗に対する感謝で締めくくられました。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

式典も終わり、いよいよ搭乗です。

 

 

ゲート内では、パイロットをはじめとした職員の方々から一人ひとりに、

記念品として初便搭乗証明書、ポストカード、ボールペンが手渡されました。

 

 

2.機内にて

 

 

ほぼ予定通りの18:00ごろ搭乗開始となり、早速機内へ向かいます。

まず、搭乗して思ったのは「機内がとても綺麗」ということでした。

 

 

新造機なので、当然といえば当然なのですが、

機内の照明が一新されていたせいもあるかもしれません。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

座席に座って驚くのは、やはりこの画面の大きさと美しさです

 

 

ビジネスクラスに設置しても充分通用するような大型モニターが、

近距離国際線や国内線でも楽しめるようになるというのはやはり、うれしいものです。

 

 

筆者が個人的に気になったのは、テーブル右奥のドリンクホルダー。

 

 

最近の飛行機では、

くぼんでいるだけで穴が空いていないものが主流でしたが、A320neoで復活しました。

 

 

作業するときなどは危ないので、しっかり固定されるホルダーは嬉しいですね。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

緊急時の脱出方法の説明などがされる、セーフティビデオも当然個人モニターで放映されます。

画面の美しさ、伝わりますでしょうか?

 

 

もう一つ、特筆すべき点として、モニター下部のUSBポートも気になりました。

 

 

充電がほとんど空のiPhone SEが短いフライトの間に満タンになったので、

出力も充分だと感じました。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

これは、離陸してサービスが始まったころの写真です。

 

 

離陸してまず思ったことは、機内がとても静かだったという事。

先ほども説明したように、50%の騒音改善があるということですが、

A320の独特なキーンという耳につく音がなくなり、とても居心地が良くなりました。

 

 

カーテンの向こうはビジネスクラス/プレミアムクラス。

たった8席の区切られた”空間”では、リラックスできること間違いなしです。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

こちらの写真は機内後方から撮影したものです。

 

 

新造機らしく真っ白な機内と、LED照明がとても美しかったことは今でも覚えています。

乗客一人ひとり、この最新鋭機材の「大型機並みの装備」を思い思いに活用していました。

 

 

大型のモニターでは、ルートマップを開いている乗客が多くいますね。

 

 

モニター付きの運航機材は国内線フライトでは珍しいものですが、

これからA320neoでの運航路線が増えて、当たり前の光景になって行くのが楽しみになります。

 

 

他にも、上着掛けを活用している乗客も目に留まりました。

 

 

筆者も利用しましたが、足元が広い国際線機材であるため、

上着を掛けてもあまり邪魔になりませんでした。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

こちらは、到着後のエコノミークラス/普通席のご紹介です。

シートは、B787-9と同じものが設置されているとのこと。

 

 

沈みすぎず、硬すぎず、とても座り心地の良いものでした。

また、ヘッドレストは上下に動くので、身長に合わせて調節できることも魅力の一つです。

 

 

ANA(全日空) 国際線、国内線でエアバスA320neo就航

 

 

続いて、ビジネスクラスのシートの紹介です。

 

 

長距離線用機材のようにフルフラットシートとはならないものの、

50インチのシートピッチが確保されているため、後ろに気兼ねなくリクライニングを使うことができます。

 

 

このシートのリクライニングは、電動となっているので、

自分にフィットする位置を探しやすくなりました。

 

 

また、エコノミークラスでは10インチの個人モニターは、ビジネスクラスでは12インチとなり、

映画やビデオなどのコンテンツを大画面で楽しむ事ができます。

 

 

余談ですが、このプレミアムクラス(ビジネスクラス)、

成田-仙台線でたったの7,840円から楽しむことができるようなので、ぜひお試しください。

 

 

まとめ

 

 

今回は、ANAのA320neoの就航初便に実際に搭乗して新しい装備や座席を体験することができました。

読者の皆様にも、新しい飛行機の魅力が伝わっていればうれしいです。

 

 

この機材は、1/23からANAの近距離国際線に、それまでは羽田-関西線に週1回程度就航し、

3月からの成田-仙台線を筆頭に、納入が進み次第国内線でも多く見られることになります。

 

 

読者の皆様にも、

国内線のフライトで「大型機並みの装備」をもつANAのA320neoを体感していただければ幸いです。

 

 

国内線では、機材名は「32P」と表示されるので、

時間や都合が合えば狙ってみるとより快適な旅になると思います。

 

 

最後になりますが、

この機材の個人モニターでは、機外の様子をリアルタイムカメラで見る事が出来ます。

 

 

美しい滑走路に降りていく場面が撮影できたので、ご覧いただければと思います。

 

 

 

 

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================

 

何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!

 

メールでのお問合せはこちら:

 

お電話でのお問合せはこちら:

JTB正規取扱店

 

LCC(格安航空券)

ANA(全日空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット