格安航空券 lccジェットスターの手荷物基準を知ろう

ジェットスターのLCC格安チケットを手に入れて、バッグに荷物を詰め込み、

喜んで旅行先まで出かけたはいいものの…

ジェットスター手荷物基準の厳しさは日本一!

ジェットスター手荷物基準の厳しさは日本一!

ジェットスターの手荷物預かり基準を知らなかったばかりに、

カウンターで突然、

数千円もの手荷物受託手数料を支払うことになった!」

これは実際によくある実話で、ジェットスターの

手荷物受託預かり基準は

日本国内でも最高に厳しいレベルで定められています。

 

 

ジェットスター手荷物の厳しい基準とは

 

普段あまり飛行機に乗らない方や、ANAやJALなどの日本国内大手

航空会社で乗り慣れてる経験を持つ方にとっては、

ジェットスターの手荷物預かり制限が「え?ここまであるの!?」

っていうレベルにきっと感じるはずです。

 

カウンターで預かる手荷物のサイズや重量などの取り決めは、

なにもジェットスターに限らず

航空会社各社でそれぞれに決められていますので、

それ自体はなんてことないわけですが

ジェットスターの場合、

搭乗手続きカウンターでの「手荷物検査」がものすごく厳しい

 

ジェットスターで定める手荷物の基準

ジェットスターで定める手荷物の基準

 

荷物ひとつと、「身の回り品一品」までが

エコノミークラスの原点になりますね。

ジェットスターWebサイトより

ジェットスターWebサイトより

身の回り品の事例(ジェットスターWebサイトより)

 

身体一つにスマホと財布、ちょっとしたハンドバッグに

ノートPC程度という感じで往復するくらいの

つもりだったら、問題はないのですが

 

規定のサイズや重量を「1cm・1gでも超えたら」

手荷物受託追加オプション手数料を徴収されてしまった!

という話は実話として、結構ある話です。

※この記事は、ジェットスターStarter運賃(エコノミークラス)利用前提で記載しています。

 

 

重要なポイントはここですが、

・姿見の総延長で「115cm以内」

・手荷物はひとつ+身の回り品ひとつまで

・重量の合計は7Kg以内

 

これを超過する場合、空港搭乗ロビーで「容赦のない」手荷物

受託手数料オプションを選択 (国内便の場合で、15Kgまで基本料+2,600円)

せざるを得ないことになります。

正直な話、大人が旅先に行って、

往復で7Kg以内の荷物で済むことってあるの??と思います。

 

 

なので一人身で、身軽な「身体一つ」のビジネス往復や、

思い出作りや写真を撮りに行くという目的でない限り、

 

普通に旅行に行く場合でしたら 事前予約で

プラスオプションなどの「重量○○Kgまで」

プランを洗濯しておくほうがはるかに賢明です。

 

 

手荷物の保安検査と、搭乗ゲートでの強制受託

 

「この荷物はちょっと超過してるけどと思ってたところ、

搭乗ロビーで手荷物の

保安検査を難なく通過したので ひと安心…

だと思ったらそれは大間違いで、ジェットスターの搭乗ゲートカウンターで

「お客様…」と呼び止められ、しっかりチェックを受けられてから

搭乗口でジェットスターのスタッフに呼び止められたら!

搭乗口でジェットスターのスタッフに呼び止められたら!

 

「これは重量オーバーで持ち込めません」と言われ、搭乗ゲートで

強制的に手荷物受託に放り込まれてしまうケースも実際にあります。

ここでさらに注意する必要があるのが、プラスオプションの

予約を行っていない場合では

 

搭乗窓口カウンターでの荷物受託預かり(15Kgまで)2,600

保安検査後の搭乗ゲートでの荷物受託預かり(15Kgまで)3,000

※国内線の場合、2016年3月から搭乗ゲートでの直前預かりは3,000円に変更されました。

 

という、直前でかなりキツ代償をお支払いすることに

なってしまう可能性が高まります。

 

 

ジェットスター手荷物の料金概要

 

まず、手荷物の充実を重視して航空券を買いたい場合は、

エコノミークラスとビジネスクラスとの運賃も

比較検討して、その詳細を十分に理解しておいた方がいいでしょう。

 

エコノミークラス

Starter … 受託手荷物はすべて15kgセットで有料 (セールなどの激安航空券はほぼこれです)

Starter Plus … 日本国内線10kg(日本国内線以外は20kg)まで無料

Starter Max … 30kgまで無料、さらに+10kg (合計40kgまで)有料で追加可能

 

ビジネスクラス

Business … 30kgまで無料、さらに+10kg (合計40kgまで)有料で追加可能

Business Max … 30kgまで無料、さらに+10kg (合計40kgまで)有料で追加可能

 

なお、バッグ級の荷物一つにつき32kgまでが最大上限と

なりますので、ひとつの荷物の重量が32kgを超える場合は、

分割するか 1個32kg以下になるように整頓する必要があります。

 

ただし、手荷物の数(個数)には制限はないので オーバーしそうだ

と思った場合は、バッグを複数余裕をもって用意しておくほうが

ベストな選択になりますね。

これで、旅先からのお土産対策もバッチリですね☆

 

 

ジェットスター手荷物の設定料金

 

参考までに、エコノミークラスのStarter運賃で、ネットで

事前予約を行っておらず、空港(カウンター)で当日申込の受託手荷物

を依頼した場合のオプション価格を記載します。

 

ちなみに国内宣でカウンターから荷物保安検査を通過し、

搭乗ゲートでスタッフによって超過が発覚し、

受託扱いになった場合は3,000円の徴収です。

※2016年7月現在

 

・国内線…一律2,600(15kgの受入れ受託預かりが適用)

・アジア各国間国際線…4,000

・オーストラリア発着国際線…16,000

 

日本国内線の合計で15kgを超える手荷物の場合

1kgごとに、800の加算

 

アジア各国間国際線 超過手荷物の場合

1kgごとに、1,500の加算

 

国際線 超過手荷物の場合

1kgごとに、1,500の加算

 

 

基本は、ネットで事前予約申込みが一番安い

 

ジェットスターはオンライン手荷物予約が一番安い

ジェットスターはオンライン手荷物予約が一番安い

参考文献:http://ryoko-hikaku.net/jetstar/1324/

 

同じ重量でも、行き先(距離)によっても運賃が違いますし、

予約時に手荷物受託を申し込むのと、航空券予約後にあとで

申し込むのと、当日空港で申し込むのではそれぞれ運賃が

違うという事になります。

ジェットスター手荷物運賃コストを抑える秘訣

ジェットスター手荷物運賃コストを抑える秘訣

ジェットスター手荷物運賃コストを抑える秘訣

 

 

旅行に不馴れな場合は、重量と大きさの感覚を身に付ける

 

実際、ジェットスターLCC航空券で「たまたま格安で」手に

入れたから、旅行に行こう!

…となった場合は特に、荷物の重さと大きさの感覚と意識を

事前にしっかり身につけておいたほうがいいでしょう。

 

 

7kgというと、

ケース自体の重さ(自重)を含めると 収容容量は5kgそこらです。

ノートPCやタブレット・電源装置などのサプライ用品、着替え、

就寝セットなど一度、現実的な荷物を詰め込んでみて、

重量を計ってみると感覚がわかります。

 

旅先でお土産なども2つ3つ買って詰めてみると、7kgは簡単に

超過することがきっと実感できるはずです。

格安チケットを入手して旅行する場合は 手ぶらで身体ひとつで、

お土産も買わずに単身旅行を楽しんで帰る、

 

くらいの心構えが格安LCCの恩恵として必要なのですね。

 

 

超過が怪しいかも、と感じたら最安値のWebで予約を

 

せっかくLCCチケット自体を安く手に入れても、空港まで行って

直前手荷物受託追加料金を2往復で2,600円 = 5,200円

支払ったのでは、元も子もありません。

 

これはちょっと超過が怪しいかな~、と感じた場合は 保険の意味も

兼ねてWebで予約を入れておかれることが重要なのです。

旅行券そのものの価格と、Starter PlusやStarter Maxなどの

追加オプションもすべて検討した結果、15kg以内で自信がある場合は

Plus、15kgも超えてしまいそうなときは Maxをオプションで

最初から選択しておきましょう。

 

 

 

最新情報のチェックは、常にWebサイトで

 

ジェットスター(LCC格安航空券)をこれから使われる方は、公式サイトを

お気に入りに登録されておくと非常に便利です。

 

メルマガなどの会員になると、ジェットスターLCC航空券(チケット)

のバーゲンセールや不定期に行われる 会員特別セールなど、搭乗の

2か月以上前から売り出されるLCC格安航空券情報をいち早く

手に入れることができます。

 

005

 

他にも、ANAなどの大手航空会社のキャンペーンや早割などの

情報も入手しておいた方がより比較検討の材料を得ることができて、

旅の「通」度がパワーアップします。

 

ANAではカード会員になるとマイレージも貯められて、

ホテル予約時の宿泊費もセットでお得に連鎖割引される特典も、

たくさん用意されています!

航空券の検索だけでなく、旅行まるごとで計画利用すれば、

トータルコストでもLCCにも全く引けを取らない情報が満載です♫

 

もちろん国内旅行ツアーでも、ANAカード会員であれば

旅行先のホテル予約もログイン検索で、簡単に情報御案内も

できて自宅に帰るまでに、ふんだんにサービスとポイントを

使い倒せます!

お問い合わせは

ANAやジェットスターの公式サイトでチェックしましょう。

 

ジェットスター公式サイト:http://www.jetstar.com/

ANA公式サイト:https://www.ana.co.jp/

 

 

====================
※本記事は現時点の情報にてご案内いたしております。
航空会社規定等は航空会社の判断により随時変動しておりますので
最新情報はお客様ご自身にてご確認頂けますよう

お願い申し上げます。予めご了承くださいませ。
====================

 

 

何か不明な点やご質問等、ありましたら、

以下よりお気軽にお問合せください!

 

 

メールでのお問合せはこちら:

 

 

お電話でのお問合せはこちら:

国内線ご予約は ↓

h_img01

 

.

 

国際線ご予約は ↓

JTB正規取扱店

.

LCC(格安航空券)、

JAL(日本航空)の航空券予約は

⇒ リアルチケット